FC2ブログ

市川三田会50年記念 慶應義塾鶴岡キャンパス視察旅行

6月11日(木)12日(金)市川三田会の設立50年記念事業の一環として、山形県鶴岡市の慶應義塾大學先端生命科学研究所の見学と、出羽庄内地区の観光旅行を催行した。

大橋会長以下9名の会員が参加、11日13時にJR鶴岡駅に集合し、
(株)出羽庄内地域デザインのTさんの案内で、昼食会場の「百けん濠」
に向かい、地元名物の{麦きり}を味わう。会場には鶴岡三田会の早坂会長が駆けつけてくださり、歓迎のあいさつをいただいた。
百けん濠にて
(写真は全てクリックで大きくなります)

昼食後、キャンパスのセンター棟を研究所の渉外担当Sさんから、施設内を見学、地元と密着した活動等の説明を受けた。
 途中、市内観光で、庄内藩主酒井家が創った藩校「致道館」、「藤澤周平記念館」に立ち寄ったのち、キャンパスのラボ棟に到着、こちらも前述のSさんから研究所の懇切な説明、案内を受けた。先端技術として、「メタボローム解析技術」「合成クモ糸の開発」量産化等、興味深い内容で、今後大いなる可能性を秘めた施設との印象で有意義な視察ができた。
 夕刻、湯野浜温泉に移動し、懇親会後1泊。

12日、「鈴木さくらんぼ園」でさくらんぼ狩、今年は生育が早かったとの事で、「佐藤錦」が既に熟しており、もぎ採りの美味を堪能することができた。
さくらんぼ園にて

その後、最上川の舟下り船着き場に向かう。予報が雨だったので心配したが
天候が回復、船頭の庄内なまりの説明と「最上川音頭」「最上川舟唄」を聴きながら、1時間の舟下りを楽しんだ。
最上川舟下り

午後は、出羽三山の羽黒山神社と五重塔を参拝、400段の石段を往復した。
雨であれば滑って危険だったが、幸い晴れてきたので無事参詣できたことは
幸運であった。
羽黒山五重塔

今回は好天に恵まれ、楽しい有意義な旅だった。出羽庄内地域デザインのTさんには、計画の最初からバスの添乗まで大変お世話になった。

鶴岡キャンパスは一見に値する施設であり、機会があれば、是非視察されることをお勧めしたい。

鶴岡キャンパス・ラボ棟

(昭38経 石川 和郎)

市川三田会設立50年記念式典及び記念祝賀会の開催

5月16日(土)午後3時より、三田キャンパスの北館ホールにて、市川三田会の設立50年記念式典を、午後4時より南館「ザ・カフェテリア」にて記念祝賀会を開催しました。

全体写真
(写真は全てクリックで大きくなります)

当日は清家塾長、連合三田会比企会長をお迎えし、また市川稲門会や千葉県合同三田会を始め、千葉県の各三田会の皆様などご来賓にも多数ご出席いただきました。当会会員も多くの出席で、総数100名を超える盛会となりました。

全体写真2
(この写真だと人が少なく見えますが…。北館ホールは広いですし、上の写真で記念式典の参加数はご理解下さい^^;)

 元千葉テレビ笠井さやかアナウンサーの司会により、二川副会長の開会の辞、千葉県合同三田会藤縄代表顧問のリードによる塾歌斉唱、大橋会長の挨拶と進みました。
大橋会長

 そして清家塾長よりご祝辞及び「スーパーグローバル大学創生事業」や「福沢先生の『半学 半教の教え』に基づいた社中の繋がり」などのご高話をいただきました。出席者の方々も、三田キャンパスの北館ホールという、素敵で、やはり三田キャンパス独特の雰囲気の中、授業を受ける学生のように静かに、真剣に、お話に聞き入っていました。(笑)

清家塾長

 続いて連合三田会比企会長よりご祝辞をいただきました。

比企会長

そして里田副会長による閉会の辞の後、出席者全員での集合写真を撮影しました。

 午後4時からは場所を変え、南館「ザ・カフェテリア」にて、記念祝賀会を行いました。

カフェテリア カフェテリア入口

こちらも笠井さやかアナウンサーの司会により、大橋会長の挨拶の後、市川稲門会山崎会長、千葉県合同三田会保谷顧問からのご挨拶をいただき、穗苅名誉会長による乾杯になり、出席者の方々のご歓談となりました。皆さん久しぶりの三田キャンパスを4階から広く見ながら、楽しく過ごしていただけたようでした。

笠井さやかアナウンサー 懇親3

懇親2 懇親1

最後は、應援指導部のリーダー2名、チアリーダー2名のリードで、若き血、丘の上、慶應讃歌などを全員で肩を組みながら斉唱し、大いに盛り上がりました。

應援指導部 合唱

最後は深澤名誉会長の中締めにより終了いたしました。

会場が2ヶ所になったこともあり、タイムスケジュールも含め、我々役員・幹事も色々と大変でしたが、何よりご参加いただきました皆様、お疲れだったかと存じますが、当会の設立50年の記念会・記念式典ご出席いただきまして、誠ににありがとうございました。
また、笠井アナウンサー、カメラクラブ櫻井さん、そして当日お手伝いをしてくれた市川学生会の皆さん、丸一日お疲れ様でした。本当にありがとうございました。
あらためまして、感謝申し上げます。

                          文責 事務局長 岩根篤司(平1経)

第3回早慶囲碁会開催

5月10日(日)第3回早慶囲碁会を開催しました。
3回早慶囲碁 全員 (メール用)
                          (写真はクリックで大きくなります)
市川駅南公民館において、双方9名の参加により熱戦が行われ、
慶應が、トータル15勝12敗で勝利しました。これで通算成績も、2勝1敗
となりました。
3回早慶囲碁 熱戦 1

囲碁会の後、場所を市川駅前の中華屋に移して懇親を大いに深めました。
次回は11月の予定です。

市川三田会囲碁部

第10回市川三田会ゴルフ会  (H.27.4.17 長南カントリーにて)

第10回市川三田会ゴルフ会  (H.27.4.17 長南カントリーにて)

IMG_0144繝医Μ繝溘Φ繧ー_convert_20150427154419
                            (写真はクリックで大きくなります)
やや遅咲きで淡紅色の八重桜が美しい長南カントリーで、4月17日(金)に市川三田会恒例の春季ゴルフコンペが開催されました。
市川三田会創設50周年記念式典・記念祝賀会を今年5月にひかえ、平成22年に始まった市川三田会ゴルフ会も今回で10回目となった記念として、「第10回市川三田会ゴルフ会・記念大会」として開催されました。
回を重ねるごとに参加者が次第に増え、初参加もあり、今回は15名となりました。

天気予報では関東地方は曇、午後から雨とのことでしたが、ゴルフ場の空は晴れて絶好のゴルフ日和の一日で若干汗ばむような陽気。山の新緑の木々の間から遅咲きの山桜、そしてグリーン脇には白い大きなモクレンの花、房総路ドライブの道すがら沿道は黄色い菜の花が今を盛りと咲き誇り、まさに陽春の候です。
大空に木蓮の花ゆらぐかな  虚子

IMG_0147繝医Μ繝溘Φ繧ー_convert_20150427154510

若き日には豪快なドライバーショットでドラコンを競ったレギュラーさんが、最近メッキリ飛距離が落ちて齢を感じはじめたという面々のために、今回、「ドラコン賞」に非ず、「ドラタン賞」が設定されました。第一打をドライバーで打って、フェアーウエーへの飛距離が最も短かった賞です。
この栄えある賞を得たプレーヤーの心中や如何に。いやいや、ゴルフはアイアンあり、寄せあり、パットあり、飛ばすだけが能ではありませんネ。
競技は新ペリア、ストロークプレー方式で、優勝は近藤達士さんでした。
会員相互の親睦交流と健康増進をはかり、楽しいゴルフとなりました。
(市川三田会ゴルフ部幹事 三森公司)

第9回市川三田会ゴルフ会 (H.26.10.10 長南カントリーにて)

秋の真っただ中、爽やかな秋晴れの日、恒例の秋季市川三田会ゴルフが長南カントリーで、開催されました。

IMG_0097繧ソ繧、繝医Ν_convert_20141014172422
                            (写真はクリックで大きくなります)

最高気温27度の予報で絶好のスポーツ日和、半そでウェアースタイル。
ゴルフ場への道すがら、野山が色づき始め、たわわに実った柿、刈り入れが終わった田園風景を眺めながら、「天候よし、練習場での感触よし、今日はやるぞ」との気合いが静かに盛り上がり、気分最高。
全員集合、ルール説明、写真撮影、すると誰からともなく、「こういう絶好の日は得てしてスコアーはそれほどでもないんだよネー」とのツブヤキあり。
いよいよアウト1番ホールでティーショット。ややのぼり傾斜で距離のあるミドルホール。「真っ直ぐ飛ばさなきゃ」と、ギャラリーが見守る緊張感一杯でドライバーショット。力んだ付録で軸がぶれ、体が起き上がって、みごとに右の山斜面へ大きくスライス。
昼食時には「1番は隠しホールであることを祈るよ」との声あり。
結局あがってみれば、「それでもスコアーはなんとかまとまったネ」。
競技は新ペリア、ストロークプレー方式で、優勝は大澤陽二さんでした。

IMG_0100繧ソ繧、繝医Ν_convert_20141014172534

振り返れば10月10日は東京オリンピックからちょうど50年目の日でもあります。
当時は塾生時代、下宿への帰途、女子バレーボールの優勝戦を伝える実況放送が街角に響きわたり、甲高い興奮絶頂のアナウンサーの声で金メダルを知ったことが思い出されます。
若き血に燃え、エネルギーが満ち溢れていた当時の日々でもありました。
あれから半世紀、澄み切った大空のもと、ところどころ黄ばんだ芝生のフェアーウェイとそしてどんぐりの落ちているラフとを渡り歩きながら白球を追い、気持ちよい汗を流して健康に感謝の一日でした。
会員相互の親睦交流と健康増進をはかり、楽しいゴルフとなりました。
                           (記・幹事 昭42経 三森公司)
プロフィール

市川三田会

Author:市川三田会
市川三田会の公式サイトへようこそ。
会員の方も、未加入の塾員、塾生の方々も是非よろしくお願いします。
ご意見、ご希望始め、載せて欲しい記事・内容などありましたら管理人まで是非ご連絡下さい。
ご意見はコメントでお願いします。
コメントはご自身で管理者宛にして頂ければ管理者が許可するまで公開されませんのでドンドンご意見を頂ければありがたく思います。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR